最初のカメラ

父が子供のころから写真を撮ってくれていたこともあり、写真を撮るのはかなり以前から好きでしたが、最初にマイカメラを購入したのは大学の時でした。何の因果か写真部に所属することになり、カメラがないと活動できないので、当時友人がアルバイトをしていたカメラ屋で安くしてもらい購入したのがキャノンAE−1でした。今から考えるとかなりたいそうなものを購入したものです。

それまで家にあったカメラの詳細は覚えていませんが、たしかコンパクトなもので、AE−1とは比べ物にはならず、購入後はうれしさで写真を撮りまくっていました。ただし、フィルム式なので、撮る分だけフィルムも必要ですし、現像するにもお金がかかります。また、写真部としては自分で現像するので、時間もかかりますので、デジカメのように試し撮りや簡単にパチパチとることはできませんでした。

でも自分での現像は、フィルムからネガを作り、現像材に浸し、少しずつ画像が浮かび上がってくるという一連の工程は楽しくもあり、また、写真となって完成した時の喜びと言ったら現在のデジカメでは味わえないものだと思います。ただ、当時はお金がなく、バイトが忙しかったり、

サークルではなく、部活動だったので、いろいろと制約もあり、1年足らずでやめてしまいました。カメラはその後、しばらく父親が使っていました。

そしてそれから何年もたって昨年、ついに念願だった一眼レフカメラを購入しました。

一眼レフカメラといえば、かなりかさばるイメージがあったのですが、最近はそれほど大きくない小型サイズのものも増えてきていますし、女性であっても一眼レフカメラを活用される人は非常に多いものです。

一眼レフカメラは、普通のコンパクトデジカメではなかなか出すことが出来ない、独特のぼかしがある写真を手軽に撮影できますし、非常に高画質にプロのカメラマンのような写真を撮れるのが素晴らしいと思います。

今までカメラはスマホで撮影することが多かったのですが、一眼レフカメラを持ってみると、スマホカメラのセンサーとは雲泥の差ですし、写真全体の仕上がりや印象にも非常に大きな違いが有ることに気付かされました。

一眼レフカメラはレンズ選びなど、自分でカスタマイズを楽しめる面白さもあるので、道具にこだわるのが好きな人にもおすすめです。

一眼レフカメラを手に入れてから、登山やガーデニングなど自然を楽しむ頻度も増え、よく写真を撮りに出かけるようになりました。

<特別サポート>女性向けエステ.com|アダルトアフィリエイトの稼ぎ方|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム相互リンク集|JALカード|FXシストレ|内職|健康マニアによる無病ライフ|ライブチャット|内職 アルバイト|サイドビジネス|お小遣いNET|ダイエットジムフランチャイズ|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|